よくある質問

Q01 中高一貫教育校とはどんな学校ですか

A01 中高一貫教育校は、中学校と高校を接続し、6年間の一貫した教育を行う学校です。高校からの入学者も加えて高校教育を行います。

02 各地域の中学校とどこが違うのですか。

A02 中高一貫教育校は、併設してある中学校と高校の間では「高校入試」がなくなります。その分、時間的にも精神的にも余裕が生まれ、学習にじっくりと取り組め学校生活を送ることができます。時間的な余裕を活用して、より発展的な学習が導入出来ます。英語検定などの資格取得への取り組みやコミュニケーション能力を高めるような特色のある学習を推進することも可能になります。

Q03 途中からの進路変更は可能ですか。

A03 本校は、6年間の教育を前提とした中高一貫教育校であるため、併設中学校を卒業する段階で他の高校を受験することはできません。

Q04 高校からの入学者はどれぐらいの割合ですか。

A04 その年によってかわりますが、高校一年生のおよそ半数以上が高校からの入学者です。

Q05 クラス・学科の編制はどのようになっていますか。

A05 中学校は1学年2学級×3学年で、合計6学級になります。
高校は1学年5学級×3学年で計15学級になります。
高校は次の2つの学科に分かれます。
普通科・・・・・・・・1学年3学級
総合技術科・・・・1学年2学級

Q06 スキルアップタイムとは何ですか

A06 普通科では、国語、英語、数学、の学力の定着や、英語検定の2級・準1級の取得に取り組む時間として、月、火、木、金の昼食後25分間を活用しています。総合技術科では、主として資格取得(計算技術検定、情報技術検定、第2種電気工事士試験、機械製図検定、施工管理技術者試験など)や英語、数学、の学力の定着を目指す時間として活用します。

Q07 中学校では給食は実施していますか

A07 中学校では給食を実施しています。校舎には、給食用の厨房が備えられており自校方式で手作りの温かい給食を提供しています。

Q08 制服等はどのようなものですか。

A08
●制服について
保護者の負担軽減と、横手清陵学院としての統一感を考えて、横手清陵学院としての統一感を考えて、制服上下は中高共通のものです。中学校はYシャツが黄色、高校が青色です。
●カバン、靴について
通学カバンや通学靴については、特に指定にしませんが、安全性等、一定の条件を付けています。
●体育着や内履きについて
体育着や内履きについては、体育等の運動時の安全性や経済性を考慮して、本校独自のデザインのものにしました。

Q09 授業料やその他の経費はどれぐらいかかりますか。

A09 中学校については、義務教育ですので授業料はありません。また教科書についても無償の給付になりますので費用はかかりません。ただし、その他の教材費、修学旅行の積立金、生徒会費、PTA会費等は、月々の納付金として徴収されることになります。金額については、市町村立の中学校と差はないものと思います。高等学校については、授業料と教科書は、他の高校同様、個人負担となります。その他の教材費、修学旅行の積立金、生徒会費、PTA会費等も、月々の納付金として徴収されることになりますが、金額としては、他の高校と差はないものと思います。

Q10 駅から学校までの距離や通学方法はどのようになりますか。

A10 横手清陵学院の所在地は、JR横手駅より東の方角、約2kmのところにあります。徒歩25分から30分程度、自転車では10分程度の距離になります。バスについては、横手バスターミナルから学校前を通る便を増発していただいております。